定期保険との比較

定期保険の見方は主契約に絞ってみると分かりやすくなります。
何歳で加入して、いくらの保障額をどのぐらいまで必要なのかポイントに置き、同額の保障額で比較すると自分に合った保険が見つかりやすくなります。
保険は全般的に特約などがつき、分かりにくいものです。
カタチのないパック商品で、他の保険との差異点も見えにくいケースがあります。
しかし、定期型の生命保険であれば、主契約それも保障額をみるだけで他の比較も分かりやすくなります。
万一のことがあれば、どれぐらい出るのか、定期型はそこに焦点を当てれば良いのです。
また、保障額を決める際も、遺族年金など公的保障がどれぐらい出るかも知っておくことが大切です。
実際に必要な生活費用から公的保障を引いた額が、定期型の保険で賄う保障額となります。
保険は大きな保障額が良い商品とは言えません。
また、保険は貯蓄ではなく、万一のためのリスク対応商品です。
貯蓄と切り離して、必要な時に、必要な額を準備するカタチで加入を進めるとムリがありません。
保険料で家計が苦しくなるのはムリが生じている証拠です。
また、あれもこれも掛けるのはムダが出てきます。
定期型の比較する時はシンプルに必要な額と期間をみて選択するのがおすすめです。

???? Vol.39 ?????????

Comments are closed.