終身保険との比較

???? Vol.39 ?????????

生命保険には、かつては「定期保険」と「養老保険」しかありませんでした。
しかし、日本人の寿命が驚異的に伸びるにつれて、保険期間がさらに長い「終身保険」が登場してきました。
では、養老保険との比較で、どういう点が異なるか比べてみましょう。

養老保険は、保険期間が満期になると、死亡保険と同額の保険金が支払われます。
そのため、貯蓄性を備えた保険商品になります。
バブル期までの利回りの良い時代は、保険料の払込額を大幅に上回る保険金が受け取れましたが、近年は低金利時代が続いており、商品によっては保険料の払込額以下しか受け取れないものもあります。

一方で「終身型」は、その名の通り、一生涯に渡って補償する保険です。
保険料の払い込みには、有期型と終身型がありますが、いずれにしても死ぬまで保険金は支払われないことになります。
そのため、養老保険とは異なり、存命中には満期保険金は受け取れません。
ただし、終身型でも、解約することで返戻金を受け取れるタイプもあります。
その場合、保険料の払い込み期間によっては、払い込み保険料を下回ることもあります。

このように比較すると、養老保険が満期で保険金を受け取れることに対し、終身型では一生涯補償が続く代わりに存命中には保険金を受け取れません。

なお、養老型でも終身型でも、保険金の受取額は、保険金運用期間中の利回りに左右されます。
当初予定利率があるため、満期まで運用すれば受取額は満額が保証されますが、満期前に解約すると、いずれのタイプでも受取額が払い込み額を下回るケースがあるため、注意が必要です。

Comments are closed.