知っておきたい変額保険

家族03

「定額保険」を契約していますか、と言われると首をひねる人も多いでしょう。実は、これは「変額」保険対し、受け取る金額が決まっているほとんどの保険を指す言い方です。では、何が「変額」で、なぜ変わるのか、というのかを見てみましょう。
いわゆる「定額」保険は、受け取る保険金が決まっています。それに対し変額保険は、債券や株式を中心に保険料を運用し、その実績によって満期保険金や死亡保険金が変動するというハイリスク・ハイリターン型の保険です。つまり、保険金は増えることもある一方、株価や金利・為替変動などのリスクが存在し、保険金が少なくなることもあります。かつて、バブル期にこのタイプが大々的に販売されましたが、保険料支払いの為に不動産を担保にし、バブル崩壊とともに元本割れが続出し、自殺者まで出す悲劇があった事をご記憶の方もいるかもしれません。そういうこともあり、現在ではこの商品を取り扱う会社自体が少なくなっています。
しかし、あくまで「保険」なので、たとえ元本割れをしても最低保証金は支払われるのです。この特性は、終身保障型の場合は、リスクヘッジとして機能します。つまり、最低保証金という形でリターンは下支えされているので、投資信託等の投資のように大幅な元本割れが無い訳です。
これは終身保険型の話で、個人年金タイプと養老保険タイプのように年金や満期保険金を受け取る時期が決まっている、いわゆる有期型は満期を迎えたときに低い金額しか受け取ることができない恐れがあります。また、リスクヘッジになるとは言っても投資の要素もありますから、余剰資金で行うのがよいでしょう。

Comments are closed.